【定期健診の内容】歯医者での必要なチェック項目

歯科定期健診のしおり - 歯医者の健診で得する定期メンテンスのすすめ
トップへ戻る

東京インプラントGuidanceは歯を失った人のQOL回復に努めるインプラント治療の専門医です。

【定期健診の内容】

歯科の定期健診の内容とは

定期健診ではどのようなことが行われているのかを簡単にご説明していきます。

治療箇所のチェック

治療をした箇所というのは健康な歯に比べると虫歯になりやすくなっています。また治療後の経過を見るという意味でも入念なチェックをする必要があります。

口内の環境を確認する

歯や歯茎はもちろん、歯並びや顎の関節、咀嚼筋に至るまで肉眼で確認・検査を行っていきます。

レントゲンによるチェック

目視では確認できない歯や顎の骨の内部、または過去の治療箇所などを入念にチェックしていきます。表面上にはでていない内部のリスクを早期に発見することが可能です。

磨き残しのチェック

虫歯や歯周病は磨き残しによるプラークの残留が一番の原因です。染め出し液を使って適切なブラッシングができているか、磨き残しやすい部分はどこかなどを確認し患者さんと情報を共有・アドバイスをしていきます。

歯石取り・クリーニング

プラークが溜まって石灰化してしまった歯石は器具を使用して取り除きます。終わったら歯にフッ素塗布をして表面をツルツルな状態に仕上げていきます。こうすることでプラークがつきにくく、落としやすい歯にすることができるのです。

ご自分の歯を一生大切にするために

歯科医療において治療と同じくらい大切なことは「虫歯の予防をする」ことです。歯というものは一度虫歯になってしまうと、詰め物や技工物によって元に近い状態ということは可能ですが、まったく元通りに復元するということはできません。

ほとんどの人は「歯医者は虫歯になってから治療をしに行く」そう思っているかもしれませんが、最も理想的な考え方は「虫歯になる前に予防をする」ことなのです。自分の歯を一生元のままの形で保つために、定期的な歯科健診というのはとても大切なこととなります。

虫歯になる前に歯医者に行くという考え方

「歯は一生もの」と言われますがまさにその通りで、削ったり失ったりした歯というのはもう二度と元には戻りません。虫歯になったらすぐに治療をするというのはもちろん大切なことなのですが、それ以上に「虫歯にならない」ということはとても重要なことなのです。歯を守るためには毎日毎食後のブラッシングをしっかり行うことはもちろん、ストレスを溜めない、生活習慣を正すといった日々のケアをしていくことがポイントとなります。

また定期的な歯科健診というのも大切になります。しっかりと行っているつもりでも、ご自宅でのケアというのはどうしても抜け落ちている部分があるものです。歯科医のプロの目による健診を行って、口内トラブルのリスクを減らすというのは重要な考え方となります。

歯を削らない、抜かないために

歯は誰にとっても一生ものですから、大切にしていきたいものですよね。削らない、抜かないためにはご自身のケアはもちろん、定期的なチェックも必要なことです。「歯医者は怖い」と思っている人もいるかもしれませんが、定期健診では痛いことは絶対にありませんし、むしろ将来の辛さを取り去る作業です。ぜひ怖がらずに定期的な歯科受診をしていきましょう。

当院では患者さんとのコミュニケーションを取りつつ、明るく楽しい歯科健診を行っていますので、安心してご来院ください。

  • 歯科定期健診のしおりトップへ
  • 定期健診の内容
  • 定期健診の料金
  • 定期健診の頻度
  • PMTC
  • 予防歯科
  • 予防したい虫歯
  • 予防したい歯周病
  • 正しい歯磨きの必要性
  • 健康な歯でいるために