【予防歯科】健康とお金で得をするための自分への投資

歯科定期健診のしおり - 歯医者の健診で得する定期メンテンスのすすめ
トップへ戻る

歯医者に良い思い出がなく、治療は痛い、不安、緊張するという人はいませんか?東京インプラントGuidanceでは患者様の不安を取り除けるよう丁寧な説明を心がけ、無痛治療など最新の治療法も取り入れております。

【予防歯科】

歳を取っても自前の歯で元気に暮らしていきたい

歳を取れば虫歯にもなるし歯だって抜ける、そんなことを思っている人はいませんか?もちろん、加齢とともにデンタルヘルスは徐々に落ち込むものではありますが、それでも80歳を超える高齢者でも自前の歯で毎日過ごされている方はたくさんいらっしゃいます。そうした方のほとんどは、「歯医者好き」で定期的に歯科に足を運んでいるのです。

悪くなってから歯医者に行くのではなく、悪くなる前に予防をする。実はその考えこそが自前の歯を守る秘訣なのです。予防歯科の大切さについて考えていきましょう。

悪くなる前に予防をするという意識

ほとんどの方は「歯が痛い」「虫歯になった」という状態で歯科の門をたたきます。もちろんそういう状態になったらすぐに治療をすることは大切なことです。かといって、毎回「悪くなったから治療する」というスタンスでは健康に対してあまり前向きではありません。

ここで美容やダイエットについて思い出してみましょう。肥満体型の人が一念発起して、食事制限や運動を始めたとしても痩せるのはとても大変ですよね。常日頃から食生活に気を付け、適度な運動を心がけていればそもそも太ることなんてありません。辛く厳しいダイエットなんてする必要はないのです。

歯科でもまったく同じことが言えて、悪くならないように予防をしてしまえば激しい痛みも辛い治療もする必要がなくなるのです。常日頃のデンタルヘルスへの意識が、将来のご自分の歯を守るというわけですね。

予防と治療、どちらが有効?

予防と治療ではそれぞれどういった特徴があり、実質的にどちらがお得になるのでしょうか?最近では歯科医療の技術も格段に進歩していますから、無痛での治療や削らない・抜かないといった処置も可能になってきています。しかし、重度の虫歯や歯周病の場合はどうしても削ったり抜歯したりしなくてはいけなくなりますから、本来の歯に何らかの傷をつけてしまうことは間違いありません。また症状や治療によっては費用も数万~数十万と高額になってきます。

一方予防はクリーニングや口内のチェックが基本になりますので痛い、辛いということがそもそもありません。当然、歯を傷つけることがありませんからそのままの状態に、むしろPMTCなどでは今以上にスッキリと綺麗な歯にすることもできます。もし虫歯が発見されたとしても、定期的に健診を受けていれば被害は最小限で食い止めることができます。ほとんど削らず、費用も安く抑えられるでしょう。

もちろん、歯が痛い場合はすぐに治療をすることが大切です。しかしそもそも、痛くなりさえしなければ治療は必要ないのです。予防歯科は費用を安く抑えられることはもちろん、ご自身の歯の健康を守るためにも重要なことといえます。

定期健診をして歯の健康を保ちましょう

当院では患者さんとコミュニケーションを取って、それぞれに合った定期健診の内容や頻度をご提案しております。歯を削らない・抜かない、一生自前の歯で過ごしていくためにも当院の予防歯科をご利用ください。

  • 歯科定期健診のしおりトップへ
  • 定期健診の内容
  • 定期健診の料金
  • 定期健診の頻度
  • PMTC
  • 予防歯科
  • 予防したい虫歯
  • 予防したい歯周病
  • 正しい歯磨きの必要性
  • 健康な歯でいるために